ジャズバー”シュガーヒル”、ジャズ/ラテンを中心とした生演奏のお店 

Home 店長おすすめ 今回のモルトウィスキー「ボウモア12年」

今回のモルトウィスキー「ボウモア12年」


Sugar Hillではメニューにはない「今回のモルトウィスキー」なるものをご用意しています。
今回のモルトウィスキーは「ボウモア12年」です。
ボウモアの意味は「大きな岩礁」。
1779年創業のアイラ島最古の蒸溜所である。
島の中心部に位置し、南部のヘビーなモルトと、北部のライトなモルトの中間的なモルトを生産している。
ボウモアのつくりは、昔ながらのフロアモルティングで麦芽を造り、ピートを燃やし乾燥させる。
発酵、蒸溜もじっくりと行い、いわば人の手による蒸溜所である。
アイラモルトの特徴となる魅力は、ピートに染みこんだ潮風と海草の匂い。
潮風を吸い込みながらじっくりと熟成させる。
ボウモア・モルトは、アイラの女王ともいわれ、洗練されたかぐわしい香りを持ったウイスキーへと変化する。
中でも12年ものは、金褐色をし、海草由来のピート香とラベンダーを彷彿させる独特の香りにオーク由来の熟成香がバランスよく解け合っている。
ミディアムボディながらしっかりとした風味がファンを魅了している。

wineuki_9903000002023

シングル¥750、ダブル¥1,200

↓