ジャズバー”シュガーヒル”、ジャズ/ラテンを中心とした生演奏のお店 

Home イベント <レポート>第6回草加ミュージック・フェスティバル<'11.1.23>

<レポート>第6回草加ミュージック・フェスティバル<'11.1.23>

Published on 2011年1月23日, in イベント.

2011年1月23日(日)は第6回草加ミュージック・フェスティバルでした。
開場前から真冬の寒い中、なが~い行列が・・・!
かるく100名以上はいらっしゃいました。とてもありがたいことです。
そしていざ開場。
どっと大勢の方が入られ、受け付けの方たちはバタバタでした。
blog1175.jpg
開場後10分くらいでこんなにも席がうまってました。
6回目ですが、今回が一番多くいらっしゃったのではないでしょうか。
blog1176.jpg


<第1部>
ワッシー&ルーツバンド

草加在住のカメルーン人、三味線のWouassi Vincent率いる、「ワッシー&ルーツバンド」。
市内にお住まいの方なら知っている方も多いのではないでしょうか。
Sugar Hill にも半年に一度くらい出演しています。
blog1177.jpg

草加よさこいを育てる会(チームふささら彩祭)
2008年から、高知県発祥の『よさこい祭り』を草加に取り入れ、
“まちおこし”の一つとして“元気な草加”をめざして立ち上げたそうです。
blog1179.jpg

<第2部>Jimbo’s ジャズオーケストラ
草加出身で今も住んでいる、サックスの神保満さんがリーダーのビッッグバンド。
現役バリバリのプロのミュージシャンの集まりで、すばらしかった!
とくにアレンジ、かっこよかったです。
そしてゲストヴォーカルに、橘和希さん・真渕りかさん・
つのだ☆ひろさんがそれぞれ入って下さり、それはそれは盛り上がりました。
このときにメリージェーンを歌って下さいました。
それはそれは客席のみなさま魅了されてました(*^。^*)
blog1180.jpg
<sax>神保満、松元啓祐、佐々木純平、本間章、渡辺滋
<trumpet>富田真澄、相沢哲、加藤隆司、佐々木秀治
<trombone>高橋明史、小林稔、吉池健二郎、比嘉一博
<piano>兼子かおる <guitar>大森泰郎 <bass>中村順蔵 <drums>森下ジンタン康正

<第3部>つのだ☆ひろ with FRIENDS
まずは、ピアノトリオ(piano市川秀男・bassChris Silverstein・drumsつのだ☆ひろ)に、
サックスつつみちえこ(堤智恵子)さんが入ったカルテットから始まり、
ヴォーカル高橋奈保子さんも1曲歌って、華をそえてくれました。
そして第3部の後半からは、
4名のミュージシャン(piano川勝陽一・synthesizer小西真澄・guitar金子友宣・drums武田光太郎)と
つのだ☆ひろさんの学校、音楽学校ワイルドミュージックスクールの生徒さん達が加わって、大盛り上がりでした。
客席のみなさんの熱気が、裏にいた私にまで伝わってきました。
blog1181.jpg

最後に、影の立役者のご紹介。(ほんの一部)
受け付けのみなさま、お疲れ様でした。軽く打ち上げてから帰りました。
blog1182.jpg

↓