ジャズバー”シュガーヒル”、ジャズ/ラテンを中心とした生演奏のお店 

自家製ピクルスとトマトソース

月曜日にピクルスとトマトソースをスタッフのあやちゃんと作りました^ ^

玉ねぎ2キロをみじん切りして炒めますが、客席の方まで玉ねぎくんの匂いが攻めるようです。
私は全然平気なのですが、スタッフによってはキツイみたいで、涙を流しながらやってます。笑
じっくり2時間ほど煮込みました。

トマトソースの他にも、タコライスで使うチリミートや煮込みハンバーグでも玉ねぎたくさん使うので、慣れたのかもしれません。

ピクルスは今回もゴーヤを入れました。 1.2年前はゴーヤは夏しか無かったと思いますが、最近は季節問わずあるんですね。
相変わらずピクルスは苦手で味見が出来ないので、あやちゃんに味見してもらいながら作りました。

明日(12/12)にはちゃんと漬かってますので、ぜひご賞味ください^_^

blog2351 blog2352 blog2353
▼ホームページ
http://www.sugarhill.jp/
▼Twitter みなさんのフォロー待ってます♪
https://twitter.com/sugarhilljazz
▼Facebook 「いいね!」して盛り上げてください♪
https://www.facebook.com/soka.sugarhill


今回のウィスキー「カリラ12年」(10/31~)

カリラ12年
CAOL ILA 12years
43度 700ml
シングル¥800 ダブル¥1,200

アイラモルト特有のピート香が特徴の品。甘い口あたり、スパイシーな香り。ピリピリッとした口あたりが舌に残る。淡い色とは対照的な強烈な味わい。

カリラはゲール語でアイラ海峡(サウンド・オブ・アイラ)を意味します。アイラ島とジュラ島を分かつ、この海峡周辺はスコットランドの西海岸で最も美しい場所のひとつと言われています。ナムバン湖の真水を仕込み水としてふんだんに使えることから、1846年、アイラ海峡に面したこの場所に蒸留所が建てられました。1974年に建て替えが行われたものの、カリラ独自の品質を保つため、オリジナルの設計図に忠実に建物と6つのスチルを再現。ナムバン湖の水は現在でも使われ、伝統的なモルトウイスキーの製法は、今も維持されています。

強烈な個性でピートが効いているカリラ12年。香りとテイストは複雑で、木炭のようにスモーキーです。アイラモルトがお好きな方におすすめしたい1本です。

20111119140846_img1_65

ホームページ
http://www.sugarhill.jp/
Twitter
https://twitter.com/sugarhilljazz みなさんのフォロー待ってます♪
Facebook
https://www.facebook.com/soka.sugarhill 「いいね!」して盛り上げてください♪


今回のウィスキー「ストラスアイラ12年」(10/10~)

ストラスアイラ12年
STRATHISLA 12years
40度 700ml
シングル¥700 ダブル¥1,050

創業は1786年で、スペイサイド最古を誇る。ストラスアイラの唯一のオフィシャルボトル。12年もの。
これが発売される前はゴードン&マクファイル社(G&M)のヴィンテージ物がオフィシャル的な位置づけに扱われていた。現在でもG&Mから幾つかシングルヴィンテージで瓶詰されている。
シーバス・リーガルの核となるモルト原酒で、リンゴやナッツのような風味があり、リッチでなめらか。
妖精が棲むという泉の水を仕込みに利用している。
華やかでシェリー樽熟成の風味が豊かな味わいながら、ややドライでしっかりした酒質を持つ。

1111203
ホームページ
http://www.sugarhill.jp/
Twitter
https://twitter.com/sugarhilljazz みなさんのフォロー待ってます♪
Facebook
https://www.facebook.com/soka.sugarhill 「いいね!」して盛り上げてください♪


今回のウィスキー「ブルイックラディック」(8/8~)

ブルイックラディック
※ブリックラディック・ブルイックラディなども呼ばれるそうです
BRUICHLADDICH
46度 700ml
シングル¥800 ダブル¥1,200

パッケージはアイラ島の独特な川岸の風景を映し出しており、メタリック フィニッシュを施した缶を含めて、より目を引くデザインとなっております。
35ppmと非常にピートが効いており、アメリカン オークのバーボン樽で熟成された後、アイラ島の雪解け水で46%に加水されボトリングされました。もちろんカラーリングやチルフィルターは施されておりません。

色:金色がかった黄色(ジャスミン)
ボディ:ミディアムボディ。若いがアイラスピリッツの輝きを持っている。溢れんばかりのピートの温かみ、乾燥した大麦が感じられ、アメリカン オークの樽内で熟成されている。

香り:ピートスモーク、糖蜜トフィー、ダークバニラ、贅沢なオザークオークの香り、クリーミーなピーチヨーグルトのアイラの香りがはじける。それぞれの香りは嗅覚の隅々までやってくる。少し時間を置くと、甘いダークジンジャーブレッドやヨード、塩っぽさと共にピートの香りが落ち着く。感覚的にオールド物だと想像してしまうでしょう。若いアイラモルトがどうあるべきかを示す、クラシックスタイルである。

味わい:魅惑的な味わいは香りで感じたものと類似している。フレーバーは非常に完成されていて、温かみがあり、力強く五感に訴えるものがある。それらは美しく漂い、味覚の適当な場所で落ち着く。スモーキーで、オーク、ソフトフルーツが融合した一品。高品質で洗練されたモルト。

フィニッシュ:落ち着いた後、ピーティーフレーバーは長く広く行き渡る。

1211516

ホームページ http://www.sugarhill.jp/
Twitter
 https://twitter.com/sugarhilljazz みなさんのフォロー待ってます♪
Facebook https://www.facebook.com/soka.sugarhill 「いいね!」して盛り上げてください♪


 

今回のウィスキー「フィンラガン オールドリザーブ」(5/26~)

フィンラガン オールドリザーブ
FINLAGGAN OLD RESERVE
40度 700ml
シングル¥800 ダブル¥1,200

フィンラガンは非常に変わったシングルモルト。ヴィンテージモルト社のボトリング。
アイラにあるどこかの蒸留所のシングル・モルト。どの蒸留所かは明らかにされていない。 そのため「秘密のアイラモルト」と呼ばれています。
フィンラガンとはアイラ島にあった古城の名。その近くの蒸留所のモルトを使っているとのこと。どの蒸留所かを想像しながらじっくり味わって飲むのがこのモルトの飲み方である。

finlaggan-old2

 

今回のウィスキー「アードベッグ ガリレオ 1999」(4/28~)

アードベッグ ガリレオ 1999
ardbeg galileo 1999
700ml 49度
シングル¥1,000 ダブル¥1,500

近代天文学の父、ガリレオにちなんで名づけられたこのウィスキーは、 「世界初」となる宇宙での熟成に関する実験を記念して発売される限定商品です。
1999年の様々な原酒を特別にバッティングしたもので、すべてが絶妙に絡み合い、 甘くスモーキーな口当たりを生み出しています。
最大の特徴はシチリアのマルサラ ワイン樽で熟成した原酒を使用していること。
バーボン樽で熟成した極上のアード ベッグに合わせることで、ピーティーでスモーキーなことで名高いアードベッグに フルーティーなアロマと口当たりを加えています。
スモーキーながら甘さもあるフィニッシュ。口の中で余韻が長く続き、スモークした フルーツの豊かな味わいを彷彿とさせる一品です。

blog2131

 

自家製ピクルス

自家製ピクルス作りました。

ミニトマト
ごぼう
れんこん
にんじん
カリフラワー
芽キャベツ
きゅうり
パプリカ(赤、オレンジ)

お越しの際はぜひご注文ください(o^^o)♪

blog2116

きゅうりのピクルス

ソーセージに添えるピクルス。脇役的存在ですが、手作りです。

隠し味はモルトビネガー。
ちょっとクセのある酢ですが、風味づけにはサイコーです。
鷹の爪も入れているので、ピリッとしています。

blog2114

 

 

↓