ジャズバー”シュガーヒル”、ジャズ/ラテンを中心とした生演奏のお店 

坂上領フルート発表会

今日は、Sugar Hillではすっかりお馴染み、坂上領くんのクラスのフルート発表会でした。
blog1054.jpg
司会・進行は講師である坂上くん。
piano/小西真澄さん、bass/森田晃平くん、drums/見谷聡一くん
blog1053.jpg
お友達やご家族が見守る中、アットホームな発表会は進行していきました。
(画像は加工してあります)
blog1052.jpg
そして講師演奏。3曲やりました。春日部と溝の口で教えてるそうです。
坂上くんは父親のような目で見ていたのが印象的です♪

貸切

6/1(火)今日は貸切でした。
vocal/門馬 瑠依 piano/TAKERU bass/新岡 誠 drums/長谷部 健一
Sugar Hill店長 長谷部 典子
●ホームページ・・・http://sugarhilljazz.jp/
●Twitter・・・http://twitter.com/sugarhilljazz
●mixi コミュニティ・・・http://mixi.jp/view_community.pl?id=353109(ご参加ください♪)
●YouTube 草加 Sugar Hillチャンネル・・・http://www.youtube.com/sugarhilljazz
LIVE PHOTO TOPへ戻る

貸切


12/22(火)は貸切でした。
◇fl/深沢 晴菜
◇p/後藤 魂
◇perc/塩のやもとひろ
後半のステージは写真のようにサンタやトナカイのカチューシャをして演奏してもらいました。
後藤さんは「これから寝ます」的で、深沢さんは帽子が前にたれてアホっぽい(失敬)ですし、塩のやくんはダイハツの「カクカク・シカジカ」っぽいし、どこか突っ込み所がありますね~笑

草加ふささら祭り

11/3(火)は草加ふささら祭りでした。
Sugar Hillは草加駅前一番通り商店街にあります。その一角でライブを行いました。
◇vo/小原 初美 ◇p/TAKERU ◇b/須川こういち ◇perc/塩のやもとひろ


冷たい風の中、楽しいステージを繰り広げていただきました♪
小原初美さんは初めてお会いしましたが、とても明るい方で通りかかった人は足を止めて聞いてくださいました。
Sugar Hill店長 長谷部 典子
Sugar Hillホームページ
mixi Sugar Hillコミュニティ(ご参加ください♪)

貸切 シャンソン発表会

10/5(月)貸切 シャンソン発表会※画像は加工してあります
Sugar Hill店長 長谷部 典子
Sugar Hillホームページ
mixi Sugar Hillコミュニティ(ご参加ください♪)

第1回 英語発音美人になるジャズヴォーカルワークショップ in 草加

5/23(土)<昼>
第1回 英語発音美人になるジャズヴォーカルワークショップ in 草加
詳細はコチラ・・・http://sugarhill.exblog.jp/9608080/

【第1回 英語発音美人になるジャズヴォーカルワークショップ in 草加】

【第1回 英語発音美人になるジャズヴォーカルワークショップ in 草加】
mixiのコミュニティ『英語発音美人になろう!』(約17,000人)、『発音にこだわるジャズヴォーカル』(約500人)の管理人でもある、ジャズヴォーカリスト向け英語発音トレーナーのA列車男_| ̄|○が発音とアクセントに関するアドバイスを行うワークショップです。いままでに2年間で10回、都内の店で開催してきたものを、今回、埼玉県でもっともおしゃれなジャズクラブと言われており、調律の行き届いたグランドピアノに抜群の音響を誇る、草加市のシュガーヒルで、ピアニストに巨匠福田重男を迎えて初めて開催いたします。
英語音声学の専門家(早稲田大学教育学部英語英文学科卒 英検1級 TOEICリスニング満点)で、当コミュニティの管理人であり、プロ・セミプロ・アマチュアのジャズヴォーカリストの英語発音トレーナーとして活躍中で、自らもジャズヴォーカリストとして活動しているA列車男_| ̄|○が、英会話学校や市販の英語の発音の教則本はおろか、大学の英語音声学の教科書にも書いていないような、ネイティヴ・スピーカーのように簡単に発音できるようになる秘密の技を、発音記号や専門用語を一切使わずに、わかりやすく伝授するほか、今後の自己発音トレーニングに役立つアドバイスをします。
ジャズヴォーカルにおいては、ポップスとは異なり、「語るように歌う」ことが要求されます。つまり、標準的な楽譜に書いてある音符通りではなく歌うことにより、スウィング感を出すことが必要です。これは、いわば、日常会話に近い発音とアクセントで歌うこととも言い換えられます。本セッションでは、まずは音節(母音)、単語、文レベルでの正しいアクセントの位置を把握し、アクセントを表現するための3要素である、1)音の長さ、2)音の強さ、3)音の高さ、を駆使することにより、音楽の専門知識のない方でもレイドバックやシンコペーションなどのジャズならではの技術を実現し、ジャズ特有のスウィング感、グルーヴ感を身につけるための基礎を学びます。
また、英語の母音や子音の発音で、日本人の学習者の犯しやすい間違いについて、わかりやすく解説し、その場で矯正します。
また、英語の発音に興味がある方であればどなたでも見学可能です。英語の発音・アクセントやジャズに関する専門知識は一切必要ありません。
【日時】
2009年5月23日(土) 12:30-16:30
【場所】
草加 『シュガーヒル』
http://sugarhilljazz.jp/
埼玉県草加市住吉 1-4-9
(東武伊勢崎線草加駅東口徒歩3分)
シュガーヒルの地図
http://sugarhilljazz.jp/contents/access.php
【ホストミュージシャン】
○高野 亮(講師 & vocal)
○福田 重男(piano)
http://shigeofukuda.cool.ne.jp/ (パソコン用オフィシャルサイト)
http://shigeofukuda.cool.ne.jp/m/index.html/ (携帯用オフィシャルサイト)
http://shigeofukuda.cocolog-nifty.com/blog/ (パソコン・携帯共通ブログ)
○上村 信(bass)
http://www.geocities.jp/nshiramumika/
【参加費(歌う人、見学者共通)】
ミュージックチャージ2,000円+カバーチャージ300円
【募集人員】
歌う方 20名
聴く方 15名
※先着順で、定員に達した後は、キャンセル待ちとなります。
【歌う方は必ずお読みください】
*当日は原則として1人1曲を歌っていただきます。
*歌う方は、事前に曲名とキーを知らせください。事前にアクセント・発音上の留意事項の準備をするほか、当日にはアクセント・発音に関するより詳細なアドバイスを差し上げます。
*歌う方は、歌詞入り譜面のコピーを3部ご用意ください。
*曲は英語のジャズスタンダードに限らせていただきます。
*当日譜面・歌詞カードを見ながら歌うことはご遠慮ください。
*本セッションでは自分の歌の発音に対するコメントのみならず、他の参加者の歌やそれに対するコメントも大変ためになるものですので、最初から最後まで聴いていただくことをお勧めしますが、やむを得ず途中入場、途中退出となる場合は、事前にお申し出いただければ、歌う順番を調整して、なるべくご希望に沿うようにいたします。
*歌う方は完全事前予約制です。当日予約なしで来店されても、歌えない可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
ご不明な点がありましたら、当イベントトピックに書き込んでいただくか、管理人のA列車男_| ̄|○までお気軽にメッセージをお送りください。
【ご参考】
コミュニティ『英語発音美人になろう!』
http://mixi.jp/view_community.pl?id=259422
コミュニティ『発音にこだわるジャズヴォーカル』
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1452090

St. Patrick Day

今日、店内をGUINNESSから届いたキットで装飾をしました♪

St Patrick’s Dayとは、アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日。3月17日。 カトリックにおける祭日であり、アイルランドの祝祭日。
シャムロック(アイルランドの国花)を服につけたり、緑色の物を身につけて祝う日で、「緑の日」とも呼ばれる。 アイルランド系やカトリック教徒以外の者も参加することが多い。
北米のニューヨークやボストン、豪州の各都市など、アイルランド系移民の多い地域・都市で盛大に祝われる。日本では誤解されがちだが、現在見られるようなパトリックスデイが成立したのはアイルランドではない。アイルランド系移民やアイルランド系移民をルーツに持つ住民が多いニューヨークやボストンなどで、巨大なパレードなどを行う祝祭日として大きく成長した。近年になってからアイルランド本国でも政府が主体となってこの日を盛大に祝い海外からの観光誘致につなげようとパレードやその他の行事が行われるようになった。しかし、ニューヨークのものなどに比べるとアイルランド本国のものは首都ダブリンのものといえど、その規模や成熟度などで大きく劣ると言われる。また近年では、この日に青少年などが真昼から泥酔して暴力行為や犯罪行為を行う例がしばしば繁華街で見られるなど、成熟したフェスティバルとしては問題点も多い。
(Wikipediaより引用)
第18回 セント・パトリックス・デイ・パレード東京

↓