ジャズバー”シュガーヒル”、ジャズ/ラテンを中心とした生演奏のお店 

Home LIVE PHOTO Marty Morell 2days!!<7/26(fri)ライブ.27(Sat)ワークショップ>要予約

Marty Morell 2days!!<7/26(fri)ライブ.27(Sat)ワークショップ>要予約


 

あのマーティー・モレルが 草加にやってくる!!

かのビル・エヴァンストリオでドラムを叩いていた、マーティー・モレルがSugar Hillに出演します。
そして翌日にはワークショップ(体験講座)を開催します。
これはなかなかないチャンスですので、ぜひみなさまこの機会を逃しませんように~(#^.^#)
※要予約です

7/26(Fri)M&M Latin Jazz Ensemble
latin jazz
drums/Marty Morell・・・http://www.myspace.com/martymorell
vocal.percussion/Michiko Ota Morell・・・http://www.michikoohta.com/
piano/奥山勝・・・http://www6.ocn.ne.jp/~masaru.o/
bass/木村将之・・・http://sound.jp/kimuramasashi/
flute/坂上領・・・http://ryosakagami.com/

開店18:30 開演19:30
ミュージックチャージ¥3,500+ご飲食代

7/27(Sat)マーティー・モレルドラムワークショップ(体験講座)
開店12:00 開始13:00 参加費¥3,500+ご飲食代
終了後、マーティー・モレル氏と懇親会を予定してます。
滅多に無い機会です。ぜひ参加ください♪


マーティー・モレル Marty Morell(ドラムス)プロフィール

マーティー・モレルは1968年から1974年、ベーシストのエディー・ゴメズとともに歴代エバンストリオで最長の7年間ドラマーをつとめた。グラミー賞受賞の 「ザ・ビル・エバンス・アルバム」(1972)や「東京コンサート」(1974)他数々の名盤を録音。 三連符を多用したブラシのテクニックはモレル氏独自のスタイルを確立。

エバンストリオでの活動後はカナダのトロントに拠点を移し、スタン・ゲッツ、ドン・セベスキー、ケニー・ホイラーなど著名ジャズアーティスト達と共演/録音を続ける。 クラシック界でもトロントの重鎮として、トロントシンフォニーやカナダオペラカンパニー、ハミルトンフィルハーモニック、ロイヤル ウィニペグバレーに在籍、ブロード ウェイショー(「オペラ座の怪人」、「ラグタイム」など)公演、映画/商業音楽の録音などでも第一線で活躍。フロリダ州 に拠点を移し、教育活動にも意欲的で、中央フロリダ 大学で教鞭をとっている。リーダーとしても意欲的に活動を続け、近年ではデューク・エリントンオーケストラのワールドツアーにも参加。

太田みちこ Michiko Ota Morell(ボーカル・パーカッション)プロフィール

茨城県出身。愛称はMichiquita (ミチキータ スペイン語で「私のおちびちゃん」の意)。 1996年「チカ・ブーン」に加入。2004年には森村献率いる「エストレージャス・デル・ハポン」に参加。日本-キューバ外交関係樹立75周年記念イベントで本場ハバナの ステージに立ち、現地ミュージシャンたちと競演する。2008年3月にはソンの生まれ故郷、キューバ共和国サンティアゴ・デ・クーバ市の国際フェスティバルに『ペペサン チェス・フェスティバル・デ・ラ・トローバ』に自ら主宰するユニットで出演。 同年11月茨城県国民文化祭結城ジャズフェスティバルにてMarty Morell氏との出会いをきっかけにMorell氏と音楽活動をスタート。 2011年11月に共同プロデュース作品、初のボーカルソロアルバム『Enamorada』をリリース。ラテンスタンダードにMorell氏のジャズと多彩な音楽的背景が反映され たサウンドは、ジャンルを超え、支持を集めている。2012年5月より、音楽活動の拠点をアメリカ合衆国フロリダ州に移し、海外、日本と国際的に活動中。


草加市住吉1-4-9
048-927-7489
ホームページ http://sugarhilljazz.jp/
Facebookページ https://www.facebook.com/soka.sugarhill
Twitter https://twitter.com/sugarhilljazz

blog

 

↓